Internet of Things(IoT)モノゴトのインターネットで世界は変革の時を迎えています。
1901年に官営八幡製鉄所の操業以来培われた「ものづくり」のDNAを受け継ぐ北九州で、
IoTで世の中をより良くするビジネスを創出するためのプロジェクトを開始します。

北九州でIoT 概要

スタートアップ企業等(創業を目指す個人も含む)の事業拡大を主眼にしつつ、大手企業から提示されたチャレンジテーマをスタートアップ企業等との連携によるオープンイノベーションで解決するとともに、IoT関連のモノづくり(試作品づくり)までを支援し、革新的なビジネス創出を目指します。
また、単なるビジネスプランコンテストに終わらせず、全国初の取り組みとして、IoTに関連したアイデアをベースに「ものづくり」と「事業化」までをオール北九州で支援します。 そのため、2019年3月実施予定のデモデイ(発表会)での試作品披露は里程標のひとつとしてとらえ、以降の本格的な「事業化」を最終目標地点と考えます。

その1

全国初!IoTのアイデアを「事業化」と「ものづくり」まで支援

その2

大手企業ならびに高専・大学とのコラボによる開発支援体制

その3

ビジネス開発ならびにものづくりのプロ集団による強力なサポート体制

その4

1件あたり最大100万円の手厚い資金援助(交通費・材料費)

2017年度集合写真

お知らせ

募集テーマ

大手企業との協業のチャンス!

01

企業からの課題テーマ枠

テーマ1:IoTで作る未来の水まわり空間とは(TOTO株式会社)
テーマ2:IoTによるあんしんリモデル(TOTO株式会社)
テーマ3:ペット×IoT(第一交通産業株式会社)

02

自由提案枠

自由にIoTのアイデアを提案!

supported by

  • TOTO株式会社

    TOTO株式会社

  • 第一交通産業株式会社

    第一交通産業株式会社

  • 株式会社ドーワテクノス

    株式会社ドーワテクノス

メンター

あなたのアイデアをブラッシュアップ!

強力メンター陣がサポート!

小笠原 治

小笠原 治

株式会社ABBALab代表

岩佐 琢磨

岩佐 琢磨

株式会社Shiftall 代表取締役CEO

木内 文昭

木内 文昭

株式会社マクアケ 取締役

香月 稔

香月 稔

デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社
九州地区リーダー/公認会計士

さらに!

製品のデザインから試作までフルサポート!

北九州工業高等専門学校

ものづくりセンター

北九州工業高等専門学校

滝本 隆

北九州工業高等専門学校 生産デザイン工学科 准教授
合同会社ネクストテクノロジー 代表

西日本工業大学

デザイン学部

西日本工業大学

中島 浩二

西日本工業大学
デザイン研究所 所長

プロジェクトフロー

step

1

書類審査(1次審査)

12件程度のビジネスプランを選抜予定
step

2

アイデアブラッシュアップ

書類審査通過者を対象に実施
step

3

公開プレゼン審査会(最終審査)

最大6件のビジネスプランを採択
step

4

プロジェクトキックオフ会

(第1回メンタリング)
step

5

第2回~4回メンタリング・試作品製作

試作品製作と並行して外部メンターによる3回のメンタリングを実施
step

6

デモデイ

プレゼンおよび試作品披露

昨年度プロジェクトの様子

昨年度 採択チームおよびアイデア

昨年度 採択チームおよびアイデアはこちら

昨年度プロジェクト採択チーム 株式会社ハチたま インタビュー

初の試みとなった昨年度のコンテストでは、猫の健康管理ができるIoTトイレ「トレッタ」が採択され、わずか半年で事業化までこぎつけ大きな話題となりました。
トレッタを世に送り出した「株式会社ハチたま(本店・東京都中央区)」の平畑輝樹氏(北九州支店長兼チーフプロダクトオフィサー)に、応募のいきさつや成功の秘訣についてお話を伺いました!

インタビュー記事全文はこちら

募集要項

募集テーマ 募集するビジネスプランのテーマは大きく分けて2つのグループ(枠)に分かれます。
1つは、大手企業から提示された2種類の既定の「チャレンジテーマ枠」、もうひとつは「自由提案枠」へのビジネスプランの提案です。
「チャレンジテーマ枠」を選択した場合は、テーマを提示した大手企業と一緒にビジネスプランを磨き上げながら本格的な事業化に向けた取り組みが期待できます。
一方、「自由提案枠」を選択した場合は、チャレンジテーマの枠組みにとらわれずに、提案者の自由な発想のもと、IoTに関連した試作品製作・事業化を目指すことができます。

≪企業からの課題テーマ枠≫
① テーマ:IoTで作る未来の水まわり空間とは(TOTO株式会社)
② テーマ:IoTによるあんしんリモデル(TOTO株式会社)
③ テーマ:ぺット X IoT(第一交通産業株式会社)

≪自由提案枠≫
自由にテーマを設定のうえ提案してください。
supported by 株式会社ドーワテクノス
参加資格 個人、学生、ベンチャー、中小企業(第二創業)、北九州市内の方に限らずチャレンジできます!
申込期間 2018年9月23日まで
応募方法 応募方法は募集要項をご確認ください
各種ダウンロード
事業説明動画

※詳細は「募集要項ダウンロード」からご確認ください。

スケジュール

8月8日(水) 事業説明会(北九州会場)
※終了いたしました
8月23日(木) 事業説明会(東京会場)
※終了いたしました
8月27日(月) 事業説明会(福岡会場)
※終了いたしました
9月23日(日) 応募締め切り
※全国各地から87件のアイデアをご応募いただきました。ありがとうございました。
10月12日(金) 書類審査結果通知
審査結果通知~
10月25日(木)
アイデアブラッシュアップ(期間中1回程度)
10月26日(金) 公開プレゼン審査会 ※観覧申込はコチラから!
10月27日(金) プロジェクトキックオフ会(第1回メンタリング)
~3月6日(水) 第2回~4回メンタリング・試作品製作
3月7日(木) デモデイ

申込フォーム

ご参加者1名様ごとに申し込みをお願いします

よくあるご質問

応募に関すること

Q:1人で、複数のアイデアを提出してもよいですか?

A:お1人の方(同じチーム)が複数のアイデアを応募いただけます。提出いただくアイデアの数の上限もございません。
たくさんのご応募をお待ちしております!

公開プレゼン審査会に関すること

Q:プレゼン審査会当日(10月26日)は会場への出席が必須でしょうか。Skype等での参加は可能でしょうか?

A:北九州市にお越し頂くことが必須となります。(交通費は支給させて頂きます)

Q:プレゼン審査会の交通費はいくらまで支給されますか?

A:1チームあたり2名まで、お1人あたり5万円までを目安に支給させて頂きます。

採択後のこと

Q:材料費・交通費支援最大100万円となっていますが、これ以上かかった分は、提案者の実費負担でしょうか?提案者と企業で双方で負担するということもあり得ますでしょうか。

A:100万円を超えた分は原則として提案者の負担です。企業は予算の都合もあり、追加の負担は難しいです。

Q:プレゼン審査会の交通費は、補助金100万円に含まれますか?

A:プレゼン審査会の交通費は、採択後の補助金100万円とは別に支給させて頂きます。

Q:北九州へ行き来する回数の目安について

A:プレゼン審査会、メンタリング、デモデイあわせて、計5回北九州市へお越し頂く予定です。

協力企業

協力企業

[主催] 北九州市
[協賛] TOTO株式会社、第一交通産業株式会社、株式会社ドーワテクノス

後援

株式会社ABBALab、さくらインターネット株式会社、DMM.make、株式会社Shiftall、 株式会社マクアケ、福岡県ベンチャービジネス支援協議会、北九州工業高等専門学校、合同会社ネクストテクノロジー、西日本工業大学、公益財団法人北九州産業学術推進機構、北九州市IoT推進ラボ、北九州商工会議所(順不同)

メディアスポンサー

株式会社ダイヤモンド社、 ASCII STARTUP

事務局

有限責任監査法人トーマツ、株式会社YMFG ZONEプラニング

チャレンジ九州 北九州でIoTビジネスアイデアコンテスト メイカーズになろう!は、有限責任監査法人トーマツが北九州市の受託を受けて実施します。

お問い合わせ

093-588-4500

有限責任監査法人トーマツ(北九州連絡事務所/担当:小野)